こんにちは!豊中補聴器センターの最所です。

 

今週にはようやく梅雨明けだそうで、長かったですね。

梅雨が明ければ、いよいよ私の好きな夏が来るので楽しみです!

 

 

さて今回は補聴器の調子が悪かったり、壊れてしまった時

「修理した方がいいのか。買い換えた方がいいのか」という問題です。

 

 

まず結論から言いますと「修理見積りに出してみましょう」です。

修理見積もりに出すと、どの部分の調子が悪く、どれ位修理代が掛かるかが分かります。

 

 

補聴器の耐用年数と、修理可能期間というのは別ですから、金額次第では修理をされた方が良いですね(注:全て新品になるわけではないので、また違う箇所が劣化する可能性はあります)

 

逆に大きい金額でしたら、買い換えた方が良いかもしれません。購入当時と比べると確実に性能は上がっておりますし、新しく保証期間もつきますしね。

 

まずは「修理見積り」に出して、それからお店のスタッフと相談がよろしいかと思います。

 

ただ、「壊れてしまった」と思っても、実はお店で何とかなる場合もあります。まずは私達ヒヤリングアートのお店にご相談くださいませ。