こんにちは!豊中補聴器センターのすみたつです!

 

 

4月になり、新しい元号も発表されました!

令和、新しい時代がどのようになっていくのか楽しみです!

町を歩くと新社会人さんや新入生さんの姿が目立ち、私自身も当時のフレッシュな気持ちを思い出します。

 

初心忘るべからずですね。

 

 

さて、今回は【補聴器の調整について】お話したいと思います。

「補聴器って買って着けたらそれで終わりじゃないの?」と思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

 

 

きれいに“そして”快適に“聴こえるようにするためには調整が不可欠です。

 

 

耳の聴こえ方は人それぞれで、低い音が聴こえにくい方もいれば、高い音が聴こえにくい方もいます。

また、どのくらいのボリュームが必要かも人それぞれなのです。

 

 

私たちは、お客様の聴こえ方を必ず確認し、生活環境や感じ方を十分考慮しながら補聴器を調整していきます。

 

 

例えば高い音が苦手な方に高い音を大きくしすぎてしまうと、響いて煩わしくなってしまいます。

快適に聴こえるように柔らかい音にするのか、シャープな音にするのか、一人ひとりに合わせたオーダーメイドの音に調整する必要があるのです。

 

 

ヒヤリングアートでは、補聴器で快適な聴こえになるように当社独自の練習方法で、お客様のペースに合わせて少しずつ慣らしていきます。

 

また、補聴器はメーカー毎に音質が異なり、その違いを考慮した調整スキルが必要です。

私たちは全社員が豊富な経験があり、認定補聴器技能者もしくは言語聴覚士の資格を持つ聴こえのプロです。安心してお任せくださいね。

 

 

一人ひとりに合ったメーカーを選び、じっくりと調整していけば良く聴こえて豊かな人生が待っています!

私たちと一緒に会話や音楽を楽しめるようにしてみませんか?

 

 

スタッフ一同、皆様のご来店お待ちしております。