聞こえにくいと感じたら

最近なんだか聞こえにくいと感じたことはありませんか?

ひょっとして補聴器が必要?

その前に自己チェックをしてみましょう。

にぎやかな場所で聞き返すことが多くなった

賑やかな場所での聞き返し

最近テレビの音量が大きいと言われる

テレビの音量が大きい

後方から自動車が近づくのになかなか気づかない

後方の自動車に気づかない

1対1での会話はできても複数人での会話が苦手

複数人での会話が苦手

病院などで名前の呼びかけに気づかない

名前の呼びかけに気づかない

上記で該当することがあれば、聴力の測定をお勧めいたします。
※あくまでも目安です。聴力低下を自覚された場合、まずは最寄りの耳鼻科でご相談ください。

ご存知ですか?

65歳以上の2人に1人は難聴でお悩みです
難聴を自覚されている方の内、6人に1人しか補聴器などのサポートを利用していません

実はこんなにたくさんの方が聴こえについて悩みや不安を抱えておられます。
しかし、実際に補聴器などのサポートを利用しておられる方はまだまだ少ないのが現状です。

難聴について

難聴の種類

難聴になる原因は、加齢や病気、音の環境、薬の副作用など様々です。また原因となる耳の部位によって難聴の種類や程度が異なります。

伝音性難聴

外耳または中耳の障害による難聴のこと。
伝音性難聴は内耳が正常なため、内耳に十分な音が伝わりさえすれば、言葉の聞き取りは比較的良いことが特徴。また医療行為によって改善ができる場合もあります。

中耳炎、耳垢栓塞、耳管狭窄など

感音性難聴

内耳から大脳に至るまでの経路に障害がある難聴のこと。
感音性難聴は音の分解能に障害があるため、言葉の聞き取りが比較的に悪いことが特徴。聴覚補充現象と呼ばれる、音が強くなると急激に大きくなったように感じる現象がある場合など、補聴器の調整を難しくさせます。
老人性難聴もこれに含まれます。

混合性難聴

伝音性難聴と感音性難聴の両方が組み合わさっている難聴。

私たちの周囲の音と難聴レベル

私達の周囲の音と難聴レベル

老人性難聴とは

老人性難聴の特徴

一般的に、加齢による難聴のことを「老人性難聴」と呼び、誰にでも起こりうるものです。聴力の低下以外にも様々な特徴があり、単純に音の増幅だけでは解決しにくい傾向にあります。

高い音が聞こえにくくなる

一般的に、加齢によって聴力が低下するのは高音域から始まります。これにより、言葉のカ行やサ行の聞き取りが苦手になり、聞き間違いや聞き逃しを生じやすくなります。

言葉を聞き取ることが苦手になる

言葉の聞き間違いや聞き逃しは誰にでも起こることであり、また高い音が聞こえにくくても低い音(母音や濁音)の聞き取りができていると、なんとなくコミュニケーションが取れてしまうため、気づかないうちに聞き間違いが増え、結果として言葉の内容を理解することがどんどん苦手になってしまいます。

声は聞こえるけど内容が理解できない

言葉の内容を理解することが苦手になってしまうと、「お母さん、電話よ」という言葉はわかっても、「加藤さんから電話よ」「佐藤さんから電話よ」といった「カ」や「サ」の区別がしにくくなり、コミュニケーションが困難になっていきます。

補聴器を早めに装用しましょう

加齢による難聴は、簡単に言えば耳の機能の老化です。補聴器が必要なレベルまで聴力が低下してしまった場合は、なるべく早く補聴器を使用しましょう。早めに補聴器を付けた方が、より効果が高く、快適に補聴器を使用できます。

お問い合わせ・来店のご予約は...

0120-59-4133

補聴器をご検討の方・補聴器でお悩みの方、どうぞ安心してお任せください。
当店では他店様でご購入の補聴器も喜んで調整・クリーニングを承ります。
当店はご予約のお客さまを優先させていただいております。
お待たせしないために、ご来店の前にご都合の良い日時のご予約をお勧めいたします。

Scroll Up