こんにちは。

豊中補聴器センター店長の住吉です。

 

 

さて、今回は皆様の気になる話題「補聴器はいつ始めたらいいのか」というテーマでブログを書いてまいります。

 

・最近テレビのボリュームが大きい。

・1対1ならわかるけど大勢の会話がわかりにくい。

・聞き返しが増えた。

 

など聞こえにくさを感じるキッカケが色々あると思います。

じゃあいつ始めるのが良いのでしょうか?

 

 

結論は、聴こえにくいことに気づいたら補聴器はなるべく早くからつけることが望ましいです。

聴こえにくい状態を放っておくと、耳の神経に届く音の情報量が少なくなり、

言葉の聞き分ける力が低下してしまいます

 

 

実は“音が聴こえる”ということと、“言葉の内容がわかる”ということは違います。

言葉を聞き分ける力が低下してしまうと、音は聴こえても言葉がわかりにくいということになってしまいます。

一般的には「難聴の方には大きな声で話せば全て伝わる」と思われがちですが、そうではありません。

その力が低下していると声は大きく聴こえるのに、言葉の内容がわからないという状態になってしまいます。

 

 

早くから補聴器を装用することで、言葉の聞き分ける力の低下を防ぎます

むしろ良くなってくる場合も多くあります。(治すものではありません)

正しい音の情報を耳から脳へ伝えることで、神経が刺激されるのです。

何よりも聴こえること、会話を楽しんで趣味が充実することって素敵ですよね!

 

できるだけ早くから補聴器を装用し、快適で楽しい補聴器ライフを送りましょう!

ヒヤリングアートは皆様の積極人生を応援しています。

※突然耳が聞こえにくくなったり、耳のご病気の可能性がある場合はまず耳鼻科へ行きましょう。

 

 

当店ではご予約の方を優先させていただいております。

特に初めての方はじっくりとお話をさせていただきたいと思いますので、ご予約がおすすめです。

直接店舗へお電話いただくか、下記よりお問い合わせください。