お一人で悩まないで相談しましょう。

耳が聞こえにくいとストレスを感じ、人と会うのをためらう様になります。

そうならないためにも専門家に相談してください。

 

耳が聞こえにくいと感じたらどうすればいいのか

突然聞こえなくなった時の対処法

片耳が突然、聞こえなくなった時には、「突発性難聴」の疑いがあるので直ぐに耳鼻咽喉科の受診が必要です。

または、別の疾患の疑いもありますから耳鼻咽喉科の受診が必要です。脳外科のある総合病院がお勧めです。

 

周囲の人から聞こえについて指摘があった時の対処法

自分ではなかなか直ぐに聞こえにくさに気づかないので、周囲の人から聞こえについて指摘を受けた時は

「自分は聞こえている」と思わないで、耳鼻咽喉科で診察を受けるか補聴器専門店で相談することをお勧めします。

 

補聴器が必要かどうかは、なかなか自分では判断できません。

専門家の意見を参考にして、今後を考えましょう。

 

補聴器が必要となった時にはどうしたらいいのか

耳鼻咽喉科の補聴器外来を利用して補聴器装用を始める

耳鼻咽喉科の中には、定期的に補聴器外来を行っている医院があるので診断後、医師の指示で補聴器装用を始める

月に数回、医院に補聴器業者が来て調整などを行います。

 

補聴器専門店で認定補聴器技能者に相談して自分に合った補聴器を試聴を行います

試聴期間を必ず設けて専門家に相談しながら、自分が納得のいくまで調整を行います。

器種の選択をするときには、自分の希望を伝え最善の補聴器を決めていきます。

 

まとめ

聞こえや補聴器について、分からないことが多いはずです。

お一人で悩まないで、補聴器装用者が身近に居たら相談しましょう。居ない時は補聴器専門店に相談しましょう。

一緒に考えて改善策が見つかるはずです。

 

池田補聴器専門店は、皆様の「どうなの?」にお答えいたします。

 

 

お問い合わせ・来店のご予約はお近くの店舗まで

豊中本店:06-6848-4133

池田店:072-751-3341

高槻店:072-683-4133

茨木店:072-634-4133

補聴器をご検討の方・補聴器でお悩みの方、どうぞ安心してお任せください。

当店では他店様でご購入の補聴器も喜んで調整・クリーニングを承ります。

また当店はご予約のお客さまを優先させていただいております。
お待たせしないために、ご来店の前にご都合の良い日時のご予約をお勧めいたします。