こんにちは、池田補聴器専門店の田中さくらです!

 

今回は補聴器のお話 (^^♪

耳が聞こえにくくなってきて補聴器の購入を考えた時、

片耳に着けるだけで良いのか、それとも両耳に着けた方が良いのか悩まれる方がいます。

当店に来られるお客様の中にも

「周りの人が片方だけ着けているから片耳の方がいいんじゃない?」

と仰る方が時々おられます。

 

実際はどうなのでしょう?

 

 

◇池田補聴器専門店では両耳装用お勧めしています◇

 

 

なぜでしょうか?

両耳装用をお勧めする理由は大きく分けて4つあります。

 

 


①騒がしいところでより聞き取りやすくなる


 

 

片耳装用の場合

片方の補聴器で言葉も周りの騒音も一緒に聞こえてくるため、

言葉と騒音を区別して聞き分けることが難しい。

 

両耳装用の場合

両方の補聴器に音の情報が伝わることで言葉と騒音を区別し、

聞きたい音(会話)に集中することができる!

 

レストランや車内での会話では、補聴器を片耳よりも両耳に着けるほうが

約3倍聞き取りやすくなると言われています。

 


②音の方向感がわかりやすくなる


例えば、後ろから車が近づいて来たとします 。

 

片耳装用の場合

右からの音も左からの音も片方の補聴器だけで受け取るため、

どちらの方向から車が来たのかわからない。

例えば、右に補聴器を装用していた場合、左から車が来ているにも関わらず

右から車の音が聞こえるので右から来たと勘違いしてしまう。

 

両耳装用の場合

右からの音は右の補聴器で、左からの音は左の補聴器で聞こえるため、

どちらの方向から来たのかが正確にわかる。

 

補聴器を両耳に着けることで、左右に届く音の情報の違いから

音がする方向や距離感がつかみやすくなり、

車などの方向がわかり安全なだけでなく、

聞きたい音や会話に注意を向けやすくなるのです。

 

 

 


③よりはっきり自然な音で聞こえる


 

片耳装用の場合

片耳だけで音を聞くと、左右からの音量の差や時間差が表現できないため、

立体感や臨場感を感じにくく、平面的な音になってしまうので、

両耳装用に比べて言葉がはっきりせず、不自然な聴こえになってしまいます。

 

両耳装用の場合

片耳装用に比べ圧倒的に音の情報量が多くなる。

片方の補聴器で聞き漏れた音をもう片方の補聴器で補ってくれる。

また、両方の耳から音が入ることで、左右の脳で処理が出来ます。

そのため、左右の微妙な音量の差や距離感が分かるようになり、

細かい言葉を理解しやすく、立体感や抑揚が生まれ、

実際の聴こえに、より近い自然な音で聞こえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


④疲れにくくなる


 

片耳装用の場合

片耳装用では、両耳分の音量を片方の補聴器だけで補う必要があるため、

両耳装用よりも補聴器の音量を大きくしなければいけません。

すると、周りの騒音も多くなり、耳への負担が増えるため、疲れやすくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

両耳装用の場合

両耳装用にすると、片耳装用に比べて音を大きく感じるので、小さな音で聞き取りやすくなります。

そのため、片耳だけの時よりも補聴器の音量を大きくする必要がありません。

周りの騒音も少なくなり、耳への負担が少なくなるため疲れにくくなるのです。

また、両耳にバランスよく音が届くことで

騒がしいところでも聞きやすく、より自然な音に聞こえます。

その結果、「聞こえない」というストレスも少なくなり、

気持ち的にも疲れにくくなりますよ♬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まとめ


 

これら4つの理由から、池田補聴器専門店を含むヒヤリングアート全店では、

補聴器の両耳装用をお勧めしています。

※聴こえの状態により例外もあります。

 

「でも、補聴器はなかなか安いものじゃないから2台も買うのはちょっと・・・」

と仰る方も多いかと思いますが、

私たちはお客様の予算の中で、両耳装用できる補聴器をご提案しております (^^ ♪

 

補聴器は性能の違いによって価格が様々ですが、

片耳だけにハイレベルの機種の補聴器を1台着けるよりも

1台の値段を抑えて両耳に2台着ける方が聴こえが良くなると言われています。

 

 

とはいえ実際に聞いてみないとわからないですよね (^^;

ヒヤリングアートでは、

店内で実際に片耳と両耳での補聴器を聴き比べていただくことも可能ですので

ぜひお気軽にご相談ください🎵

 

また、店内での試聴だけでなく、聴力測定や語音測定をしっかり行い、

数あるメーカー・機種の中からお客様の聴こえや予算に合わせた補聴器をご提案いたします。

そして購入前に、実際に普段の生活の中で補聴器を試していただく期間を

全員に設けさせていただいていますので

納得した上で補聴器を使っていただけますよ!(^^)!

 

 

聴こえや補聴器に関するちょっとした質問、聴力を測るだけでも大歓迎ですので

まずは一度ご相談にお越しください🌻

 

待ち時間を少なくご案内させていただけるよう

ご来店の前にお電話でのご予約をお勧めします。

 

池田補聴器専門店

電話番号:072-751-3341

営業時間:10:00〜18:00

定休日:水・日・祝日

阪急宝塚線 池田駅 川西側出口スグ