補聴器を上手く扱うにあたって、電池の使用は必要不可欠です。

では補聴器用の電池はどのように保管すれば長く安定して使用できるでしょうか?

今回は補聴器用電池の保管方法についてご説明いたします。

保管の話をする前に・・・

補聴器用電池の保管方法をお伝えする前に補聴器用電池の仕組みについてお話します。

 

補聴器用電池は空気電池が使用されている

補聴器で使用する電池は空気電池、つまり空気中の酸素を使い電力を供給します。

しっかりと酸素を取り込まないと電池がうまく作動しない場合もありますので、シールを剝がしたら1分ぐらい待ってから使用するのをお勧めします。

 

シールを剥がさなければ電池は消耗しない

シールを剥がすと空気を取り込むための孔が出てきます。そこから、酸素を取り込み電力を供給します。

そのため、シールを剥がさなければ酸素を取り込まないので電池は消耗しません。

ただし一回剥がすと使用していない時も電池は消耗しますのでご注意ください。

また、シールを貼り直した場合は粘着力が弱まっているので電力の消耗は完全に防げないですが、消耗は少なくなります。

 

空気電池は乾燥に弱い

乾燥した空気で電池の中の電解液の水分が蒸発しやすくなり寿命が短くなります

そのため、夏場よりも冬場の方が電池は早くなくなりやすいです。

 

保管方法

乾燥機もしくはドライケースの上に置く

乾燥機内部は外部よりも乾燥しています。そのため、乾燥機の中で電池を保管すると電池の減りが早くなくなります。

補聴器用電池は乾燥機またはドライケースの上に置くことで、電池が安定するのでお勧めです。

 

 

補聴器ケースに入れる

もし、補聴器を持ち運びをされる方は、補聴器ケースに入れるのもお勧めします。

また、一緒に予備の電池を入れておくことで緊急時にも補聴器を使用することが出来ます。

 

 

お勧めできない保管方法

補聴器用電池をある場所に入れてしまうと使用出来ない状態になったり、電池の消耗が激しくなってしまうことがあります。

では、その保管方法とはなんでしょうか?

 

冷蔵庫の中に入れる

補聴器用電池を保管するための最適な保管室温は、10°Cから25°Cです。熱によって実働時間が短くなることがあります。

そのため、冷蔵庫には入れないようにしてください。

 

財布の中(小銭入れ)に入れる

鍵やコインなどの金属と接触すると補聴器用電池が早めに消耗してしまうことがあります。

個々の電池を財布の小銭入れの中には入れないようにしてください。

 

まとめ

いかがでしょうか?

今回は補聴器用電池の保管についてお話しました。

皆様はどのように補聴器用電池を保管されているでしょうか?

その他にも補聴器を長持ちさせるコツや補聴器についての情報をお伝えしていますのでぜひご覧ください。

 

補聴器用電池について詳しく知りたい方はコチラをご覧ください

補聴器のメンテナンスについて知りたい方はコチラ

お問い合わせ・来店のご予約はお近くの店舗まで

豊中本店:06-6848-4133

池田店:072-751-3341

高槻店:072-683-4133

茨木店:072-634-4133

補聴器をご検討の方・補聴器でお悩みの方、どうぞ安心してお任せください。

当店では他店様でご購入の補聴器も喜んで調整・クリーニングを承ります。

また当店はご予約のお客さまを優先させていただいております。
お待たせしないために、ご来店の前にご都合の良い日時のご予約をお勧めいたします。