こんにちは!豊中補聴器センターの最所です。

 

本日も青空で陽射しも暖かいですが、セミの合唱はあまり聴けなくなってきましたね。もしかすると、夏の終わりも近いかもしれませんね

 

 

さて今回は「家族(もしくは知人)が使っていた補聴器、私は使えないの?」という質問です。確かに本人が使わなくなったのなら、気になりますよね。

 

ですが、

「他人の補聴器は基本的に使う事は出来ません」

何故なら、補聴器はその方の「聴こえ」・「環境」・「お好み」に合わせて調整したものです。

中には「ちゃんと音出てるし、聞こえたよ」とおっしゃる方もいるのですが、ご自身の聴力を測らずに「とりあえず着けてみる」というのは聴力を悪化させてしまう危険がありますので、絶対にやめましょう。

 

音質以外にも「形状」の理由もございまして、オーダーメイド補聴器(耳あな型)や耳掛け型補聴器のイヤモールド(オーダーメイド耳せん)は、お求めになった方の耳の形に合わせておりますので、きちんと入らなかったり、すぐ抜けてきたり、着けていると痛くなってきたりと、うまくフィットしない場合がほとんどです。

 

 

ただ、既製耳せんでの耳掛け型補聴器などでしたら、調整して合わせ直す事は可能ではあります。

ですがやはり、その方の聴こえや補聴器の状態を確認しないと何とも言えませんので、その場合は一度補聴器をお持ちになってご来店くださいませ。きっと良いアドバイスが出来るかと思いますよ。