聞き取る力が弱くなってくると

周りの生活音に会話の声が消されてしまう。

ハッキリ言葉が聞こえなくなる。

そのようなことはありませんか?

 

周りが騒がしい場所での会話は聞き取りが難しい

うるさい場所では聞こえない場合はAPDの可能性も考えよう

APDでよく見られる症状チェックリスト

□ 「え?」「何?」と聞き返すことが1日に5回以上ある。

□ 聞き間違いが多い。

□ 騒がしい場所では極度に話が分からなくなる。

□ 複数の人が話していると混乱する。

□ 横や後ろから、話している人の口元が見えない状態で話しかけられるとうまく聞き取れない。

□ 電話やスピーカーなど機械を通したアナウンスが聞き取れない。

□ 映画は邦画や洋画の吹き替えよりも、洋画を字幕で見るほうがストーリーが理解できる。

□ 口頭で指示されたことが頭に入らない、忘れやすい。

□ 音のする方向や距離感をつかみにくい。

□ 長話になると聞き取れなくなってくる。

□ 早口、マシンガントークについていけない。

□ 口頭で名乗られた名前をすぐに失念する。

ミルディス小児科耳鼻科公式サイトより引用 https://apd-community.jimdofree.com/)

APDの場合の対処方法

  • 静かな部屋で1対1で話をする。
  • 周囲の騒音軽減のために、テレビ、音楽などは止める。
  • 聞き取れない事は何度も繰り返して聞く。
  • そのためには、自分のことを周囲に理解してもらう。
  • 言葉だけで説明してもらうのではなく、要点はメモなどでもらう。
  • 話しを聞く仕事や騒音下での仕事はできるだけ選ばない。
  • 名前、会社名などの固有名詞や、数字を聞き間違えやすいので、特に慎重に確認する。
  • 学生は、話を聞いて勉強するよりも、本などを活用して目から学ぶ方が効果的である。

 

APDに当てはまらない場合は、加齢性の難聴の可能性大

加齢性難聴の場合の対処法

補聴器装用をお勧めします。

なるべく早めに聞こえる状態をつくることで周囲とのコミュニケーションが円滑にとれます。

補聴器の相談は補聴器専門店へ

 

補聴器専門店とは

聞こえと補聴器に関するスペシャリストが常駐していて難聴によるコミュニケーション低下を

改善できるように聞こえを測定して補聴器の調整を行います。耳鼻咽喉科と連携をしているので安心です。

 

池田補聴器専門店では、皆様のいろいろなご相談に対応しています。

ご来店の際には事前に連絡をいただけると十分な相談の時間が確保できます。

お電話をお待ちしています。

お問い合わせ・来店のご予約はお近くの店舗まで

豊中本店:06-6848-4133

池田店:072-751-3341

高槻店:072-683-4133

茨木店:072-634-4133

補聴器をご検討の方・補聴器でお悩みの方、どうぞ安心してお任せください。

当店では他店様でご購入の補聴器も喜んで調整・クリーニングを承ります。

また当店はご予約のお客さまを優先させていただいております。
お待たせしないために、ご来店の前にご都合の良い日時のご予約をお勧めいたします。