こんにちは!豊中補聴器センターの最所です!

 

すっかり寒くなってきましたね。夏好きな私には辛い時期がやってまいりました・・・。

 

最低気温が3℃前後と、冬の気温だったりしますが、紅葉は綺麗ですね!

 

さて寒くなってきますと、補聴器が体温で暖められて、結露が発生してしまう事があります。

 

 

特に耳掛け型に多く、結露が溜まってくると、水の膜でチューブ内を音が通らなくなってしまい

 

「音が出ない」・「音が小さい」・「こもって聴こえる」などの症状が出てきてしまいます。

 

対策としては、チューブ内に木綿糸を入れる事で、糸が給水して水の膜を防ぎます。

 

 

糸を入れても、音が小さくなったり、音質が変わることはありませんので、安心して下さいね!