みなさん、こんにちは。

神戸・明石の補聴器専門店須磨補聴器センター店長の「のごみん」です。

 

今日の神戸は、あいにくの雨になってしまいましたが、本日・6月6日は「補聴器の日」です。

 

この「補聴器の日」とは、日本補聴器販売店協会日本補聴器工業会が、毎年・6月6日を記念日として制定しました。

須磨補聴器センターも、日本補聴器販売店協会の加盟店です。

 

では、なぜ6月6日が「補聴器の日」になったかといいますと、6を2つ向かい合わせにすると耳の形に見えますよね。

 

さらには、耳に補聴器を装用すると、聞こえの弱った耳(3月3日)に、補聴器という聞こえを補うもう一つの耳を付けることから、3月3日×2=6月6日と言う意味合いもあるそうです。

 

●補聴器の日を中心にして、補聴器が人々の生活の中で身近なものとなるように。

●補聴器を通して、多くの人々が抱える「聞こえ」についての悩みが、改善されていくように。

●21世紀に向けて新しいバリアフリー社会の創造に貢献できるように。

 

という目的で制定されています。

 

マスコットキャラクターは、ピンクとブルーの「ロロくん」です。この、「ロロくん」を見ると6月6日が耳の形に似ていることがよくわかります。

 

 

須磨補聴器センターでは、「補聴器の無料相談会」を開催中です。

補聴器は、買う前にまずは相談!

 

ここをクリック

 

 ご相談  〉

 

 

 

前回の「補聴器とお耳のお話」は、こちら