こんにちは、のごみんです。

今回は、『補聴器の耳よりな情報』と題しまして、先月末にアメリカの補聴器メーカー・スターキー社より発売されました画期的な新製品をご紹介いたします。

その、新製品の名前は「Muse(ミューズ)」

 

 

まず、何が凄いかといいますと最新コンピューターに搭載されているような「クアッドコア(4コア)」のデジタルチップがなんと2個搭載された「世界初のツインコンプレッサー」となっており、いままでの同社のデジタルチップと比べ処理能力もなんと5倍にUPしました。

私も長く補聴器メーカーに籍を置いておりましたので、補聴器の心臓部であるデジタルチップの処理能力が大幅に上がると「画期的に性能が良くなる」、「音質も格段に良くなる」、「今まで補聴器で出来なかったような事が出来るようになる」といった補聴器の進化を経験しております。

 

では、今回の「Muse(ミューズ)」も音質や総合的な性能が良くなったのはもちろんのこと、一番ビックリしましたのは「世界初のツインコンプレッサー技術」により「会話」と「音楽&BGM(さりげない日常で流れてくるBGM)」をそれぞれ別のコンプレッサーで同時に処理できますので、普段の生活の中で「音楽&BGM」の質を下げることなく「会話」を楽しむことが出来る』点です。

 

 

 

今までは、どのメーカーの補聴器も「会話」と同時に入ってくる「音楽&BGM」は「会話」の邪魔にならないように抑えようとするか、もしくは「会話」の方をある程度犠牲にして「音楽&BGM」を優先して聞くモードに切り替え楽しむしかなかったのです。

 

ですが、今回の新製品「Muse(ミューズ)」は違います!

「会話」と「音楽&BGM」

どちらも犠牲にすることなく楽しめます!!

 

世界は、いろんな音楽とBGMで溢れています。

質の良い「音楽&BGM」を聞きながら、一緒に「会話」も楽しめれば、

もっともっと普段の生活が楽しくなるはずです!!

 

只今、神戸の補聴器専門店:須磨補聴器センターでは、

新製品「Muse(ミューズ)」の体験会を開催中です。

是非、興味をもたれた方はお店まで気軽にお問い合わせ下さい。